ゼロからページ生成を始めるには?

MPGです。Multiple Page Generator」は、無制限でユニークなランディングページを一括して作成できる大量ページ作成ツールです。WordPressプラグインディレクトリの検索バーに「MPG」と入力し、MPGのアイコンまたは名前をクリックするだけで、WordPressのダッシュボードに追加されます。 

ステップ1.ゼロからのプロジェクト作成

MPG WordPressプラグインを初めてインストールすると、最初のプロジェクトを「最初から」作成するか、いくつかの利用可能なテンプレートから作成するかを選択する画面が表示されます。ほとんどのユーザーは、データセットがCSV、Excel、またはGoogle Sheets形式である場合、「最初から」オプションを選択します。まず、MPGプラグインのダッシュボードにある New+を創る タブをクリックします。 ゼロから作成オプションをクリックします。

プロジェクトを "ゼロから "創る

プロジェクトを "ゼロから "創る

ステップ2.テンプレートの設定

  • プロジェクト名を設定します。どのようなコンテンツを生成しようとしているのかを簡単に識別できるように、テンプレートに名前を付けてください。プロジェクト名は他のどこにも表示されません。
  • エンティティタイプを選択します。テンプレートのコンテンツの種類を選択します。MPGは、投稿やページなど、WordPressインストール内のすべてのエンティティタイプに対応していますが、他のWordPressプラグインで作成されたカスタムエンティティにも対応しています。多くのプラグインは、ポートフォリオ、ランディングページ、Eコマースショップページなどのカスタムエンティティを作成します。MPGを使ってこれらのエンティティを生成することができます。
  • 生成されるコンテンツのテンプレートとして使用したいテンプレートページまたはエンティティを選択します。生成されたURLからサイトにアクセスすると、MPGはソースファイルに応じてショートコードを置き換えます。
  • オプションです。テンプレートのURLをrobots.txtの除外項目に追加します。テンプレートページにはショートコードが含まれているため、検索エンジンのインデックスに載らないようにすることを強くお勧めします。他の生成されたページはすべて表示されたままになります。
  • ヒット 変更の保存.これで ソースタブが下に表示されます。
テンプレートの設定

テンプレートの設定

Step 3.Load Source Spreadsheet

ソースファイルのアップロードには2つの方法があります。

オプション1 - ダイレクトリンク

  • 既存のGoogle Sheetまたは.csvファイルを読み込んでください。ファイルの公開設定が有効になっていることを確認してください。
  • PROユーザーはオプションです。提供されたURLからソースを自動的に定期的に更新する場合は、「定期性」を選択します。
  • Optional for PRO Users 」を選択した場合、MPGが上記のデータセットを取得する頻度を設定します。
  • PROユーザーのオプションです。MPGがファイルの取得を最初に試みる日時を設定します。
  • PROユーザーにはオプションです。MPGは、データセットを取得した後、毎回通知を送ることができます。エラーが発生した場合や、データを取得するたびに通知することができます。
  • PROユーザーの方はオプションです。オプトインした場合の通知に使用する電子メールアドレスを指定します。
  • プレス 取ってきて使う
ダイレクトリンクによるソースファイルの読み込み

ダイレクトリンクによるソースファイルの読み込み

オプション2 - ファイルのアップロード

タブを押して 閲覧タブをクリックして、ソースデータを含むコンピュータ上の既存の.xlsx、.csv、または.odsファイルを選択します。

For detailed information on how to create the perfect source file, please watch this short video:


Step 4.データのプレビュー

データのプレビューを素早く見ることができます。プレビュー」ボタンをクリックすると、スプレッドシートから収集したすべてのデータが表示されます。

MPGのプレビューデータ

MPGのプレビューデータ

ステップ5.URLの生成

このステップでは、生成されたページのパーマリンクのフォーマット(=URLのフォーマット)を設定します。

  • フィールド URLの入力は、パーマリンクの形成に使用されます。Insert shortcode "のドロップダウンリストから少なくとも1つのショートコードを追加してください。ショートコードは、スラッシュ、ダッシュ、アンダースコア、またはカスタムテキストで自由に区切ってください。
  • デフォルトのセパレータを選択します。デフォルトのセパレータは、URLを生成する際に、ショートコード内のサポートされていない文字やスペースを置き換えます。
  • URLプレビューを見て、形成されたURLが希望の形式であることを確認してください。
  • 変更を保存する。URLプレビュー」のリンクをクリックすると、新しく生成されたページのサンプルを確認できます。各行は、指定されたショートコードに基づいて独自のURLを生成します。
MPGのURL生成

MPGのURL生成

最後のステップで問題が発生し、404エラーが発生する場合には 404のトラブルシューティング の記事を参考にしてください。