サイトマップを作成するには?

MPGでは、生成されるページが通常のWordPressのエンティティではないため、独自のサイトマップを生成する必要があります。MPGのエンティティは「仮想」として保持されます。ほとんどのフレームワークやシステムでは「仮想」ページが生成されるため、SEO上のマイナス効果はありませんが、WordPressはデータベースに登録されたエンティティからサイトマップを生成するため、WordPressサイトにとっては重要な差別化要因となります。MPGサイトマップを生成するには

  • To go your MPG project
  • ページの一番上にある「Sitemap」タブを選択します。
  • サイトマップの名前は、できればスペースを含まない名前にしてください。例:"mpg-sitemap"。
  • 具体的な目標がない限り、その他の設定はそのままにして、「保存して生成」ボタンを押してください。
  • テーブルの右下にある「Current sitemap」のURLをコピーします。Google Search ConsoleでMPGサイトマップを追加サイトマップとして追加します。
  • Google Search Consoleで2、3のURLを手動でチェックして、無関係であることを確認します。

生成したページのサイトマップを作成する方法については、こちらの短いチュートリアルビデオをご覧ください。 

注意:XMLサイトマップを開くと、「このファイルには "スタイル "が含まれていません」という警告が表示されることがあります。このファイルは検索エンジン専用ですので、問題ありません。